浮気調査事例

[ 大阪の浮気調査事例 ]

離婚を視野に入れた浮気調査~夫と相手女性に肉体関係があるか確認~ 大阪市淀川区

30代女性
調査時間
30時間(4日間)
調査料金
490,000円

本当に浮気しているのか確認して離婚も考えたい

今回は以前にご主人様が浮気しているかどうかの確認をご依頼いただいた、大阪市淀川区にお住まいの30代の奥様(専業主婦・子供なし)からの追加調査のご依頼です。

 

前回の調査では、不動産会社の会社役員を務める40代のご主人様が、20代後半の女性と2人で出かけ、手を繋いでデートしたり帰り際にキスしたりする関係であることが分かりました。

 

ただ、その時は2人でデートに出かけているだけという様子で、ホテルや家に泊まるなどの不貞行為の有無がわかるような行動はありませんでした。

 

⇒前回の調査

夫が急に外見に気を使いだした理由を知りたい 大阪市淀川区 9時間の浮気調査

 

奥様も当初は「関係や、相手女性の顔が分かればいい」とのことでした。

 

しかし、実際に2人の関係を見て、相手女性の容貌がそこまで美人ということもなかったため「本当にこの女性と浮気しているのか!?」という好奇心と、本当に浮気しているのであれば離婚も視野に入れて、肉体関係があるかどうかの証拠を掴みたいとのことで、弊社に追加調査をご依頼いただきました。

相手女性と肉体関係があるのかどうかわかる証拠を撮りたい

奥様は、今回の件に関して、3回ほどの調査でご主人様と相手女性の間に肉体関係がなければ、離婚を考えるほどの関係ではないのだろうと判断するとのことでした。

 

(「3回見て判断」という方は他にも多くいらっしゃいます。)

 

ただ、調査するタイミングが悪いと決定的な証拠が得られない可能性もあります。

 

そこで、お酒が入った時が怪しいと考え、3回のうち何回かはご主人様が仕事終わりに飲みに行くという日に調査することをご提案しました。

仕事終わりの飲み会の日2回と休日1回の調査日を計画的に

仕事終わりに飲み会に行くと言って出掛ける日を狙った2回と、休みの日の1回、合計3回の調査を行なうことになり、計画を立てました。

 

ご主人はあらかじめ奥様に予定を伝えられるので、その日に会社や自宅からの尾行を行ないました。

 

奥様には、飲み会や休日の外出について詮索しないようにお伝えしました。

 

会社の飲み会と連絡があった日の調査(1日目)

ご主人から奥様に会社の飲み会がある連絡があったので調査を決行しました。

 

 

17時頃:ご主人は会社から出たあと、電車でミナミ方面に向かい、難波駅で、前回デートしていた20代後半の女性と合流して個室居酒屋に入りました。

 

21時頃:2人は居酒屋から出てくると、そのままホテルに入りました

 

23時頃:ホテルから出ると2人は別れました。

 

 

女性を尾行すると、デートしていた日にご主人が迎えに行った本町のマンションに入っていきました。

 

休日に出かける先の調査(2日目)

ご主人は午後から出かけるとの情報でしたので、自宅から調査を開始しました。

 

 

14時頃:に車を出したご主人は、本町の女性のマンションに向かい女性を載せると、高速に乗りました。

 

18時頃:名古屋のなばなの里に到着し滞在。

 

20時頃:高速に乗り大阪方面に向かい、大阪市内のファミレスで食事を済ませ、女性をマンションに送り届けると、車から降りてキスをして別れました。

 

 

会社の飲み会と連絡があった日の調査(3日目)

また、仕事終わりに飲み会があるとの連絡を受け調査を行ないました。

 

 

17時頃:ご主人様は、会社から出てくると電車でミナミ方面に向かい、難波駅で女性と合流し、フグ料理店に入りました。

 

21時頃:フグ料理店から出た二人はそのままホテルに入りました。

 

23時頃:2人がホテルから出て来ました。

 

 

相手女性の素性調査(4日目)

別日に相手女性の素性調査を行なうため本町の女性が住むマンションを見張りました。

 

 

9時頃:マンションの部屋からおばあさんと幼稚園くらいの子供が出てきて、その後おばあさん一人が帰ってきたので、幼稚園に送っていったと考えられました。

 

12時頃:女性の自宅に男性が入っていきました。

 

13時頃:男性が一人でマンションから出ていきました。

 

13時半頃:女性が化粧もせずに1人で出てきて、車に乗り、ショッピングモールに向かい、その中の質屋に入っていきました。

 

15時頃:女性は質屋から出てくると車に乗り自宅に戻りました。

 

19時頃:着替えて化粧をした女性がマンションから出てきて北新地のお店に入っていくところまで調査を行ないました。

 

 

この日の調査で、浮気相手の女性は、ショッピングモール内の質屋を経営しているけれど、売り上げが悪く、北新地でアルバイトをしていると想定されました。

 

今回の浮気調査にかかった料金

今回の調査に掛かった料金は下記のようになります。

 

時間:30時間

調査料:30時間×15,000円(探偵3名)=450,000円

車両代:車1台10,000円+バイク3台30,000円=40,000円

消費税:39,200円

合計:529,200円

 

※車両代について、仕事終わりの日は2日間それぞれバイク1台、休日はバイク1台と車1台を使用しました。

 

ホテルへの出入りの証拠が撮れたので離婚はしないが弁護士と相談

今回の調査で、ご主人が相手女性とホテルに出入りしていることが判明し、肉体関係があることがわかりました。

 

しっかりとした証拠を撮ることができましたが、相手女性が北新地の飲み屋の女性だということで怒りは冷め、離婚はしないようですが、相手女性に対しては、どうするかを弁護士と相談したいとのことでした。

 

アーカス探偵事務所では、より深くパートナーの浮気について調査したくなった時は、前回の調査結果を活かした追加調査を行ないます。

 

デートするだけの関係なのか、肉体関係があるのか、見極めることが難しい場合も、出来る限り証拠が掴めるように調査計画をご提案させていただきますので、是非気軽にお問い合わせください。

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

Access

アクセス