情報コラム

レンタルGPS「gpsnext」 調査機器について 浮気調査

2017/12/27

「GPSnext」の取り付け場所と注意点!誤差や精度が変わる。

地図 GPS

レンタルしGPSを取り付けとなりますが、取り付ける場所は、調査のプロである探偵でも困るところです。

最近の高級車は、車体の下がカバーで覆われている場合がほとんどで、またエコカー(現行のプリウス)に関しても空気の流れの為に覆われている車が増えてきています。

取り付け場所が悪かったりすると、GPSの反応(位置情報の精度や誤差)が悪くなったり、それにより位置情報にズレが生じたりします。

探偵用に改造され「国産GPS衛星 みちびき」を利用した、精度の高い「GPSnext」の場合でも、位置情報の精度や誤差、車速や進行方向にズレが出ます。

 

GPSの取り付け前に、必ず確認する事

ほとんどのGPSは強力な磁石で車の鉄の部分に張り付けます。なので、簡単に取り付けることが可能です。

ですが、GPS取り付け前に必ず確認することがいくつかあります。

 

定期点検

車の定期点検は、新車での購入の場合はプランなどにもよりますが、3年以内はディーラーが無料で点検してくれます。また営業マンがしっかり連絡してくるので、あまり細かくない人でも定期点検に行く可能性はかなり高いです。きちんと確認し、その時期はさけてください。

30年6月が定期点検の時期ということです。

車の定期点検シール

車検

車の車検は、新車の場合のみ「3年」、その他は「2年ごと」になります。車検はだいたい1ヶ月前より行いますので、その時は必ず外してください。しっかり検査しますので、バレます。

30年7月が車検なので、6月以降は危険になります。

車の車検シール

 

タイヤ交換

大阪市内はあまりしないですが、神戸の北部になりますと、スタッドレスタイヤは必須となります。タイミングをきちんと見計らい、その際はきちんと外してください。

タイヤ交換

 

オイル交換

定期点検時に一緒にオイル交換を行う事も多いですが、ガソリンスタンドなどでいきなり行う場合もあります。ドアの近くなどに次回オイル交換時期お知らせシールなど貼り付けている場合もありますので、そのあたりも確認してみてください。

ここに、交換距離をペンで書きこんでいる場合が多いです。

オイル交換シール

 

GPSの取り付け前に、端末に行う事

端末を取り付ける前には、必ずビニールテープで「ランプ」、「充電のふたの部分」に水が入らないように、しっかりと巻いてください。また、磁力が非常に強いので、テープを巻き磁力を落としてください。

詳しくは、「GPSnext」を取り付け前に必ず行う事 に記載しています。

 

GPSの取り付けが、できない場所

超精密機械であるGPS発信機は、熱や水に非常に弱いですので、しっかり対策をして取り付けないと故障、端末の弁償ということになりますので、きちんと確認し取り付けてください。

 

タイヤ周りは、ダメ

タイヤの周辺は、見つけられやすいのと、水に触れる時間が多く、また強い水しぶきがかかる為に故障の原因となります。

 

車のタイヤ周辺、赤バツマークは取り付けできないイラスト

車のタイヤ周辺、赤バツマークは取り付けできない

 

車のボンネット下、エンジン周辺、フロント

車の前方のほうは、エンジンがありエンジン回りは温度が上がるので、故障の原因となります。また車が立体駐車場に上がる場合など、車の底をこすりGPS発信機が外れる可能性があります。

車の前部は、立体駐車場でひっかかる

ボンネット下のエンジン部は取り付けできない

 

後ろ、バンパー、マフラー

マフラー周辺は、こちらも熱を持つので取り付けはできません。故障の原因となります。

車後部、赤バツマークは取り付けできないイラスト

車後部、マフラー近くの赤バツマークは取り付けできない

車後部、赤バツマークは取り付けできない

 

GPSの取り付けに最適な場所

GPSの取り付けはかなり重要なポイントで、位置や場所ひとつで結果は大きく変わってしまうことになります。GPS精度や位置情報の誤差を小さくしようとすると、簡単に見つけられてしまうことになりますし、深くつければつけるほど、精度や誤差が大きくなります。

GPS発信機は、上向きでも下向きでもあまり関係ないですが、表面(磁石の反対側)を内側に向けると、精度や誤差は悪くなる可能性は高いです。

また、車内に取り付ける際は、磁石や両面テープでしっかりと固定してください。ガラガラと音でバレる可能性もあります。

車にGPSを取り付け場所

車の下に段ボールなどを引き、上半身はググッと中に入れてください。取り付けのできない、マフラー周辺を避け、平面で磁石が引っ付くところに取り付けてください。

車の真ん中あたりなど、金属が入り組んでいるところに入れすぎると、電波が悪くなることがあります。

車の下部、ガソリンタンク近く

車の下部、平面部に取り付けできる

車の下部、ガソリンタンク裏の平面部

車の下部、ガソリンタンク裏の平面部は取り付けできる

車内に関しては、助手席のシートの下やリアシートの周辺、トランクあたりにしっかりと張り付けてください。

車内のシートレール

プリウス車内のトランク

プリウス車内のトランクのサイド部分

トランクの中なども電波が悪くなる可能性がありますので、微調整と確認をしっかりしてください。またスペアタイヤなどのテルの部分も取り付けの際は、精度が悪くなるので気を付けてください。

取り付け後、微調整の方法

GPS発信機を、車の下に潜り込み、しっかりと取り付けしてください。位置情報が大きく誤差が出たり、精度が悪いようでしたら、少し外側につけるなどして対策して、再度、ご確認ください。

「GPSnext」のマップ表示画面 精度良好

GPS取り付け後、車から少し離れ、「30秒~60秒」ほど、待つろ、2回ほど更新します。サイトを見て誤差の大きさ、車の開け閉めで、反応するかどうかの確認をしてください。通常の場合は、誤差は、10m前後ででます。

「GPSnext」のマップ表示画面 200誤差

3桁の誤差は、非常に精度は悪く、誤差も大きく出ていますので、違う場所になるともっと大きく出だすかと思います。

「GPSnext」のマップ表示画面 1200誤差

この場合は非常に危険です。取り外し、違うところに取り付けてください。

「GPSnext」のマップ表示画面 圏外

圏外状態です。取り外し、違うところに取り付けてください。

 

「GPSnext」の取り付け場所と注意点!誤差や精度が変わる。 まとめ

GPS発信機の画面を見ながら微調整をする事で、反応がよく位置情報の誤差も小さく精度も高いところを探して、最終的に見つかりにくいところにつけるという形になります。

しっかり取り付けると、ものすごい働きをしますので、探偵事務所と相談しながら取り付け、データ収集を行ってください。

 

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

Access

アクセス