情報コラム

浮気調査の失敗談 不倫・浮気

2018/05/14

【浮気調査の失敗談②】探偵に依頼していたのに、状況に我慢できず、態度でバレた

浮気調査を行っている事がばれた40代女性

浮気調査が失敗し、なぜバレたのか?2/4

探偵に浮気調査を依頼した場合、プロの探偵であれば、必ず言われることが4つあります。

  1. 何もしないで。
  2. イライラしないで。
  3. 匂わせないで。
  4. 自分で追いかけないで。

浮気調査がバレる原因は、この4つが大きく感情的になるとついつい出てしまいます

前回のおさらい(何もしないでという約束を破ったことによる失敗)

前回は「①何もしないで。」

という注意を受けたのにも関わらず、ついつい必要以上に聞く事と勘ぐってしまったことにより、疑われている事がばれてしまい、調査が失敗に終わったという事例を記載しました。

【浮気調査の失敗談①】探偵さんにダメって言われてたのに、やっちゃった。

今回は、「②イライラしないで。」

状況にイライラしたり、旅行に行くとわかっている事でイライラし、相手に様子を疑われ警戒されたというパターンです。探偵から依頼者さんに対するアドバイスを守らなかった事で浮気調査の失敗事例、を過去の事例を交え書いていきたいと思います。

 

【失敗事例】大阪府吹田市在住の30代男性

家族ぐるみの友人との浮気、証拠を撮って離婚したい。

依頼者さんは奥さんの親御さんが経営する割烹料理店(兵庫県神戸市中央区)で役員として働いていました。料理店は親御さん所有のビルの中にあり、そのビルに依頼者さん家族と親御さん家族が、別フロアに住んでいました。

奥さんの実家はかなり裕福で、ご主人とはお付き合いをしているときから感覚がかなり違いました。奥さんの小学校時代からの幼馴染の男性(離婚経験のある独身男性)と普通では考えられないほどの仲の良さで、ご主人はある時から、2人の浮気を疑うようになりました。

家族ぐるみで旅行に行くことは当たり前で、行くときは依頼者家族(ご主人、奥さん、子供2人)と幼馴染(男性、子供2人)で行っていました。子供同士は同級生で同じ野球チームで練習し旅行以外にも週末は隔週でお互いの家に泊まりに行き、翌朝一緒に野球の練習に行くという感じでした。

ある日ご主人の仕事が忙しく、奥さん1人と子供たちだけで相手の家に止まることになり、その日からは、ご主人は留守番で奥さんと子供だけで行くようになり旅行などもご主人は呼ばれなくなりました。

奥様の現状

昼間はほとんど家に居て、お昼は帰宅した依頼者さんと親御さんと一緒に食べることが多かったが、突然「ジムに行く」と会員に、すると家を空けることが多くなり時間がたつと完全に平日のお昼は外出することとなりました。

 

調査着手、ジムには行かず男性の会社に入り浸り

調査を行った結果、ほぼ毎日幼馴染の男性の会社に行っている事がわかりました。男性は自社ビル兼自宅を持っており、奥様が行っているのは、自宅なのか、会社の社長室なのかがわかりませんでした。

 

依頼者さんのイライラといつもと違う行動で警戒される

毎日のやりとり

ジムに行っていないことがわかっている依頼者さんは、ついつい言ってしまいます。

男性
今日もジム行くんか?
女性
ジム行ってくるわ。
男性
今日もジム行くんか?
女性
ジム行ってくるわ。
男性
毎日ジム行ってるわりに、体が変わらんな。
男性
ほんまに行ってんのか?
男性
行ってるのに変わらんなら詐欺やな!
女性
は?、なにそれ
女性
なにに怒ってんの?ほっといて。
女性
気持ちわる!

 

この日から、奥様の態度が急変し、会話はなくなりました。

男性
探偵さん、情報をつかみました。
男性
子供達の野球の合宿の日にあわせて、日帰りで温泉旅館に旅行に行くみたいです。
男性
僕には東京の友達の家に泊まりに行くと言っています。
探偵
その日に調査し、証拠を撮りましょう。
男性
はい。
探偵
しんどいとは思いますが、いつも通り接してください。

 

ご主人のイライラといつもと違う行動で警戒される

調査前日

男性
明日何時に出んの?。
女性
9時頃かな。
男性
東京に行くねんな?チケットとったんか?
女性
まだとってないけど、なんで?
男性
いや、別に。

 

調査当日

事前の情報で子供を見送った後に、男性が9時に車で向かえに来る。(ご主人はいつも自宅を8時30分頃に出勤する。)

男性
まだ、行かないの?
女性
というか、もう9時すぎてるよ、出勤しないの?
男性
は?、関係ない。ほっといて。
女性
ん、なに怒ってんの?
男性
東京に行くんやろ?はよ早く行けよ。
女性
ん、わかった。行ってくるわ。

 

その日は本当に東京に行き、友人と合流し、ホテルに泊まって帰って来た。

 

結果、奥様はバレたと考え、旅行をキャンセルした

依頼者さんからの情報によると、東京、東京と連呼していたことと、怒っている様子から、旅行の事が何らかの形でバレたと考え、急きょキャンセルし、実際に東京に行きました。

東京から帰って来た日の夜に、離婚届けを渡され、条件は「親御さんのところで働くことは構わない」「新しい家の家賃も払うから、この家から出て行く事」「まとまったお金を渡す」という3つの条件で離婚を迫られた。

離婚原因は、性格の不一致と感覚(庶民と富裕層)の違い。と言われしぶしぶ離婚に応じた。

 

【浮気調査の失敗談②】イライラしてバレた まとめ

浮気調査で証拠を取得する前に、相手に先手(離婚などについて具体的に話をまとめる)を打たれ、こちらが優位に話を進められなくなった。という事例はたくさんあります。精神的にかなりきついとは思いますが、証拠取得により出来る事を明確にすることにより結果は全然違います。

そのあたりまで考えている探偵・興信所を選ぶことができると、このあたりの単純な失敗をする事はないと思います。

 

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

Menu

メニュー

Access