情報コラム

夫・旦那・男性の浮気 不倫・浮気 浮気調査

2018/10/26

浮気相手がホステス(水商売)なら慰謝料請求できないの!?枕営業?

クラブのママとお客さんがアフター先のホテルで乾杯

旦那の浮気相手がクラブのホステスやママだった。

  • 「枕営業と主張されたら、慰謝料請求できないの?」
  • 「慰謝料も請求できず、泣き寝入りするしかないの?」

このような悩みを持ち、この探偵コラムにたどり着いたと思います。

探偵歴15年の現役探偵です。

飲みに行く機会の多い方や会社の経営者などの場合、浮気相手は夜のお仕事(水商売や風俗)が圧倒的に多いです。

また社内不倫や知人、友人、元カレというものもちろんありますが、今回は浮気相手がホステスだった場合の慰謝料の請求について書きていきます。

当社は探偵事務所なので、あまり法律に関する記事は書かないのですが、

いま、あなたが悩んでいる質問の多いこの問題、

「浮気相手がホステスの場合、ホステスに慰謝料は請求できないんですか?」

判例(ホステスとの浮気は慰謝料を請求できない?)が発表されてから、世間に認知され問い合わせが非常に多いので、この判例の内容と解決方法を書いていきたいと思います。

ホステス(水商売)の女性にのみ、慰謝料を請求する。というものを基準に書いていきます。

 

水商売と言われるクラブママやホステスがいわゆる「枕営業」として長期間にわたり顧客と性交渉を繰り返した行為が不法行為にあたらないとした判例

 

東京地裁平成 26 年 4 月 14 日判決 請求棄却

会社社長の奥さんが、銀座のホステス(クラブのママ)と7年間にわたって月に1、2回の不倫関係にあったと、400万円の慰謝料を請求した裁判です。

 

結果からいうと、「棄却」

この判例は日本中の探偵、弁護士など、法律関係の方もひっくり返りました。

 

ですが、しっかりと見ていくと、かなり細かな状況があるので、水商売の女性ならすべてに当てはまる問題ではないです。内容を考慮せずに自身の行いと判例の表面だけを汲み取って、「枕営業」を主張してくるご主人が多いのだと思います。

 

「ホステスの場合、慰謝料は請求できないんですか?」この問い合わせが急増

ここ最近は、芸能人であっても「浮気」「不倫」が許されない社会になりました。

昔は、「女遊びは芸の肥やし」といって、芸能人や芸人さんが浮気することは問題がなかったというような社会でした。ですが、一転することとなりました。

いわゆるゲス不倫

女性マルチタレントで天下を取っていたベッキー事件です。これはベッキーという好感度がとんでもない女性がしでかしたことではありますが、もっと大きな問題がLINEでの会話の流失だったと思います。

実際のやりとりを文字によって見た事と、記者会見がまさかのウソ会見だったことが重なり大きな社会問題となりました。

これにより、LINEやSNS、スマホからの浮気発覚が世間に認知され、生活態度から少しずつ不信感を膨らませるというよりも、スマホで一気に足が付き浮気の早期発見が多くなったと思います。

一番多いスマホからの浮気の発見(ホステスからの必ず来るサンキューメール)

のあ:今日はごちそうさまでした♥ 明日は休みだから家にきて♥ この前言ってたケーキが楽しみだ♥というスマホに表示されたLINEのポップアップ

女性
なにこのLINE?(怒)
男性
飲み屋の女の子やから。
女性
このホステスと浮気してるんでしょ?
男性
枕営業、枕営業。
男性
枕営業は、浮気じゃないってテレビでも言ってたでしょ!

 

このやりとりは、この2年程でよく出て来る言葉となりました。

 

ホステスとの浮気は慰謝料請求できないとなった判例

クラブのママやホステス(水商売と言われる女性)が長期間にわたり顧客と性交渉を繰り返した行為は、「枕営業となり」不法行為にあたらないとした判例

『総合政策論叢』第33号(2017年3月)島根県立大学 総合政策学会 様より引用させて頂きます。

概要

奥さん〔原告〕と旦那さんは夫婦関係である。一方、ママ(被告)はクラブの女支配人(いわゆるママ)である。クラブの常連であった旦那さんは、奥さんとの婚姻関係中に、7 年余りにわたり(平成 17 年 8 月~平成 24 年 12 月)、月に 1、2 回(主に土曜日に)ママと共に食事を摂った後にホテルに行って、夕方に別れるということを繰り返していた。

それが発覚、奥さんママに対して、ママの行為によって奥さんが甚大な精神的苦痛を被ったなどと主張し、不法行為に基づき 400 万円の慰謝料及びその遅延損害金の支払いを求めた。

それに対して、ママは、私と旦那さんは飽くまでクラブの「ママ」と客との関係であり、それ以上ではなく、「ママ」という立場上、大事な客と店外でも食事や花見などの付合いをするのは当然であると主張した。またママは、そもそも旦那さんの不貞行為の相手方は自分ではなく別の女性であり、奥さんの本件請求は、夫婦協力の下、旦那さんがクラブで遣ったお金を取り戻そうとするものであると反論している。

判旨

「仮に、本件不貞行為の存在が認められるとしても、……、クラブのママないしホステスが顧客と性交渉を反復・継続したとしても、それが“枕営業”であると認められる場合には、売春婦の場合と同様に、顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではないから、そのことを知った妻が精神的苦痛を受けたとしても、当該妻に対する関係で、不法行為を構成するものではないと解するのが相当である。」

 

まず法律上、浮気って何?

法律用語では、浮気や不倫は不貞行為といい、その行為を不法行為といいます。
また2人で行う不貞行為(浮気)を共同不法行為といいます。

 

不貞行為(浮気や不倫)は貞操義務といいます。

夫婦には貞操義務(配偶者のある者が自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと。※ 夫婦以外と性行為をしてはいけません)があり、配偶者以外と性的、肉体関係を持つことは不法行為となり、浮気をした配偶者と浮気相手は、被害者(不倫をされた配偶者)に対し損害賠償責任(慰謝料)を支払うことになります。

 

不法行為には、故意、過失があります

  • 「故意とは、既婚者であることを知った上で性行為をした」
  • 「過失は、既婚の事実を知らなかった」

ということです。

ここはかなり大きなポイントです。言い逃れとしては「結婚しているのなんて知らなかった」といいますが、今はスマホ、LINEがありますので、ベッキー事件のように、すべての証拠はLINEにあると言っても過言ではありません。

 

なぜ、今回の判例は、棄却(浮気でありません)されたの?

裁判長の考えとしては、

ホステスはお客さんの言いなりになり、お金の為に身体を使い、飲みに来てもらうことは周知の事実(みんなが知っている事)であり、そのような場合、お客さんはホステスに対し性処理の道具としか見ていないので、妻にはご主人がホステスと性行為があったとしても、それは風俗と同じなので傷がつくわけがないし、傷つくほうが社会通念上おかしい、また傷ついたとしてもホステスは、性処理の道具なので、慰謝料は請求できません。

という事のようです。

 

ここで日本中がひっくり返りました。

 

でもここだけを見ると、「なにを言ってるんだろう」となりますが、背景にはそこそこの問題が隠れています。

 

まず、判例の不思議なポイント、ソープランドの女性とホステスは同じ扱い

ソープランドとホステスは同じ扱いの様です。

ホステスとは、お酒を飲んで楽しくなりその過程で性行為を求め、気を引くために通い続ける。ホステスは客を選び断ることも合意することもできる。

入口も違えば出口も違い、選択肢はホステスにある。

ソープランドは、断ることができない。また会話することなんかよりも性行為を目的に来ている。

どう考えても同じとは思えない。また、ホステスも顧客との性行為が周知の事実ということは、そこで行われる売春は裁判所認定?・・・おかしい。

 

不思議ポイント、7年間の間、月に1,2回の性行為があった

ホステスとは、7年間も継続され土曜日のお昼に食事をしてホテルに行く。その後は飲みに行くではなく帰宅する。

飲みに行った後によく言われるアフターという部分での営業であればあり得るかもしれないが、土曜日に行っている事、期間が7年間もあるという事。これが枕営業と認定されるのはどうもおかしい。

7年間、同じ相手と隔週で食事をとってホテルに行き性行為。特別な感情以外はないという方がおかしい気はするが、よくわからない。

 

背景ポイント、実はど主人いは別の不貞行為の相手がいた!!

ここで状況は一転します。

実は、ご主人には別の彼女がいたようです。また、彼女の存在をホステスは知っていた。

これは、とんでもない事実で、これが事実なのであれば状況は一転します。

が、この事実があれば、ホステスは枕営業になるというのも、素直に「そうですね。無罪です」とはなりにくいですね。

 

あきらめないでください!ホステスとの浮気でも慰謝料はとれます!

探偵比較サイトなどによっては、「ホステスからは慰謝料は、とれません」と記載のあるサイトもありますが、慰謝料はとれます。

今回の判例では、原告が諦めました(奥さんが馬鹿らしくなった)が、上告、控訴(裁判は、3段階、家庭(地方)裁判所、高等裁判所、最高裁判所で結果は覆ります)すれば、どうなっていたかわからないと言われています。

 

今回の判例(慰謝料をとれなかった)ポイント、

  • クラブのママ、ホステスであった。
  • ほかに彼女がいた。
  • ご飯と性行為のみで、プライベートな付き合いがなかった。

 

逆に(プライベートな付き合いがあればホステスであっても問題なし)抑えてしまえば、枕家業の範疇は超えますので、不貞行為と認められる可能性は非常に高いでし、もし、これが認められなければ、浮気し放題になります。

 

ホステスから浮気に対する慰謝料を請求した場合の相場

探偵を使いしっかりと調査した場合、事例からいくと、離婚しない場合は、50万円から150万円というのが相場のようになっております。

 

最終的に、探偵からの一言

相手の女性に対し慰謝料の請求が棄却されたという事であり、

ご主人に対して無罪でという話ではなく、十分な離婚事由となりえるはずですし、すべてのホステスとの不貞行為が無罪になるという事ではありません

ご主人に対しては、不貞行為で当然のように慰謝料を請求できます。

また、ご主人は、ホステスとの不貞行為をすべて「枕営業だ」と言ってくると思いますが、この判例ではきちんとした背景があり、状況があるので「すべてとれないんでしょ」あきらめる必要はありませんし、実際当社では、しっかりと慰謝料を勝ち取っています。

ホステスとの浮気に関しては、お金を使うスピードがとんでもなく早く、向こうの言いなりになり「離婚してくれ」となるケースは非常に多いです。

夫婦、二人三脚で頑張ってきた仕事、軌道に乗り、遊ぶお金ができたとたんに、飛蝗(バッタが農作物を食べつくしながら移動するさま)し、家庭と財産を食べつくすことは、めずらしいことではありません。

ホステスさんは、必要な仕事でありビジネスを円滑にしたりといい部分は非常に多いですが、ごくまれに悪い女性もいますので、気を付けてください。

浮気調査専門のアーカス探偵事務所に、一度、ご相談ください。

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

Access