情報コラム

レンタルGPS「gpsnext」 調査機器について

2018/01/17

「GPSnext」基本と取り付け前の準備|レンタル後に必ず確認する注意事項。

「Gpsnext」自動追跡型リアルタイムGPS発信機

「GPSnext」の自動追尾型リアルタイムGPS発信機や一般的な自己検索型リアルタイムGPSをレンタルされた方は、GPSの取り付けを車に行う前に知っておかないといけない事があります。

「基本的な扱い方」と「取り付け前に防水加工する」など準備する事があります。

アーカス探偵事務所では、「GPSnext」のリアルタイムGPSを無料でレンタルして頂けます。浮気調査前の情報収集としてお使い頂く為に、機器の取り扱い方をご説明します。

取り付け前の準備は、きちんと行わないと故障し弁償となりかねません。
3つの事柄(基本、準備、注意事項)をしっかりと読んで、必ず確認してください。

「GPSnext」基本(各部の説明)

電源ランプ

基本的に充電ランプを見れば、「反応しているか」「トラブルが起こっているか」の判断ができます。

  • 通常の場合は、みどりの間隔(5秒ほど)をあけて点滅。
  • 充電時は、赤の点灯。
  • 起動準部中は、みどりのランプが高速(1分間ほど)で点滅。
探偵
上記以外の場合、トラブルの可能性があります!

 

「Gpsnext」電源ランプ1

「Gpsnext」電源ランプ2

 

側面のふたを外すと、充電用micro USBと起動ボタン

充電がなくなりそうになると、充電が必要になります。付属の充電ケーブルやandroidのスマホ(micro USB)で、充電してください。

GPS端末のふたを開閉する際は、必ず500円玉で、開けてください。

探偵
500円玉以外で外すと欠けます!

 

「Gpsnext」のふたに傷もなく正常の場合

「Gpsnext」のふたを外すと見える充電口と起動ボタン

※ 黒いボタンの再起動用ボタンと充電口

「Gpsnext」の充電口のふたが壊れている状態

500円玉を使わなかった場合、このような状態なります。こうなると破損扱いとなり弁償となります。

 

アーカス探偵事務所からレンタルされた方は、この状態で端末をご用意

端末を充電する場合や、再起動させる際に必要になる起動ボタンは、保護されていない状態になります。

ふたの部分を付属のビニールテープを使い、水が入らないようにしっかり保護してください。

GPS端末と充電器、ビニールテープのセット

※ 「GPSnext」端末とビニールテープ、充電ケーブル(micro USB)をお渡しします。

「GPSnext」全体像

※ 磁石と本体を引っ付ける為に、太めのビニールテープが上部から半周しっかりと巻いてある。

「GPSnext」全体像(ふた側)

※ ふたは、このような状態になっています。

 

磁石側、裏側の状態

「GPSnext」全体像(裏)

端末に張り付いている磁石(アップ)

※ 強力な磁石が2枚ビニールテープにて貼り付いています。

 

1番大事な、取り付け前の準備と注意事項

「ふた」、「電源ランプ」、の部分は防水性能がありません。故障の原因となりますので、しっかりビニールテープで巻いてください。

また、電源ランプの保護の際、一緒に磁石の部分もしっかり巻き、磁力を落としてからご利用ください。ビニールテープからはみ出ている場合など、直接磁石と鉄の部分が引っ付くと、2度と外れなくなります。

探偵
水濡れは修理不可となります!注意して下さい!

 

端末の側面の「ふた」からビニールテープを巻いていきます。

「GPSnext」全体像(ふた側)

※ テープが巻かれていない状態。

端末の充電ジャックにテープを巻く1週目

※ ふたをしっかり覆うようにビニールテープを巻きます。赤丸の部分がふたの位置です。

※ ふたをしっかり覆うように2周から3周テープを巻きます。

この部分はしっかり巻かないと水が入りやすくなり水濡れの原因となります。

 

電源ランプ部と磁石が取れないようにビニールテープで巻いていきます。

端末に張り付いている磁石

※ 磁石が飛び出ている状態です。かなり強力な磁石なので、ビニールテープが外れ鉄と磁石が直接引っ付くと2度と外れません。

「GPSnext」の電源ランプ部をテープで覆う。

※ 電源ランプの部分も、側面のふたと同じように、しっかりとビニールテープで巻いてください。

 

ビニールテープにより、しっかり水濡れ対策ができた完成図

「GPSnext」のランプが見えないように巻く

※ 電源ランプがしっかり保護されています。

「GPSnext」の裏面もしっかりと巻き、磁力を弱める

※ しっかりと巻かれているので、磁力も弱くなっています。

「GPSnext」の側面もしっかりと巻く

「GPSnext」充電ジャック側もしっかりと巻く。

※ 側面もしっかりと巻かれていますので、水が常時掛からない場所に取り付けた場合は、水濡れでの故障は起きにくくなります。

 

アーカス探偵事務所のGPSレンタルの約款

ご契約書に記載のある約款です。

  • GPS発信器は探偵専用に特別に改造された特殊精密機器になりますので、丁寧にお取扱下さい。
  • 自動検索の場合、パソコンから履歴の印刷はできますが、移動履歴マップ表示を一緒に保存してください。
  • (自己検索の場合)ご自身でスクリーンショット等を使って頂きご自身で履歴をとって頂くと便利です。
  • 料金は全額先払いになります。30,000円以下の場合、保証金、30,000円をお預かりいたします。
  • 返却はご利用終了日より2日間以内にご返却下さい。3日目以降1日10,000円を申し受けます。
  • GPS移動履歴の分析報告書が必要な場合、30,000円で作成いたします。
  • GPS発信機はあくまで機器になります。位置情報は多少の誤差が出ます。必ず誤差なく表示はされません。
  • 利用状況により突然故障する場合や山間部、地下駐車場、立体駐車場など圏外になる場合があり、検索結果の保証はできません。
  • 電波状況や回数により、電池の利用期間が違います。その場合充電が必要になります。
  • お渡し後の故障の場合は有償にて修理して頂きます。充電器差し込み口の水濡れにご注意ください。また、正常に反応しなくなった場合、お客様負担にて当社指定の修理工場で、故障判断の場合は修理代金とその期間の費用、全損、紛失の場合(100,000円(内訳、旧機の解約、新規の開通、機材費、手数料)となります)弁償して頂きます。蓋、充電器、磁石各3,000円となります。
  • 返送に関しましては、必ずエアーキャップ(いわゆるプチプチ)でしっかりと巻いて下さい。郵送中での故障の場合、お客様負担での修理になります。
  • GPS発信器をお渡し後、期間内の途中キャンセルを希望された場合でも、レンタル料金のご返金は致しません。
  • GPSレンタル機器はご契約者様に直接お渡しします。また当社GPS機器をご使用、ご利用に関し一切の関知は致しません。   起こったすべてのトラブル、損害につきまして一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

「GPSnext」基本と取り付け前の準備|レンタル後に必ず確認する注意事項。まとめ

GPSは、かしこく効率よく使えば、ものすごい威力を発揮しますが、たった1つのミスや手を抜いて利用すると、よくない事態に発展したり、故障により弁償という可能性もあります。取り付けを安易に考えず、しっかりと記載内容を実行し、確認した上で取り付けしてください。

GPSをレンタルし初めて利用する2

次は、②「GPS」の取り付けの心構え に進む

 

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

Menu

メニュー

Access