情報コラム

浮気・不倫

2022/09/18

【離婚しやすい人の特徴・男】離婚しやすい男性の性格・心理・共通点は?

Contents

離婚しやすい人の特徴【男性】心理・性格・共通点は?

 

離婚しやすい男性の特徴1・女性と知り合う機会が多い(仕事柄)

 

これは不倫する際に奥さんにバレそうになった時に使う理由や言い訳でもあります。「いや、仕事だよ」「仕事で一種になっただけなので特に問題ない人だよ」「あくまで仕事だからプラーベートで親密ではない」など大小の嘘が入り混じった言い訳を聞きがちになります。でもそれに加えて表情がニヤついていたりテンションが上がったりしていると余計に怪しみます。
こういった理由ですと女性に対してだらしないという印象になります。つまり女癖が悪いということです。
離婚しやすい人、もしくは離婚経験がある人の友人関係の中に女性が多ければ多いほど注意が必要になってきます。これは仕事でもそうなってきます。
そういった言い訳がバレますと当然離婚に発展するのが予想つきます。

離婚しやすい男性の特徴2・男友達よりも女友達の方が多い(同性の友人が少ない)

 

こちらもよく不倫する際の奥さんへの言い訳になる理由の一つでもあります。仕事柄女性と知り合うと同じような理由になってしまうのですが友人関係に女性が多く存在しますと注意が必要になります。
こういった男性は昔付き合っていた元カノや昔の知り合いだった女性などと不倫している可能性があります。これが更にややこしいのが相手の女性が男性の「昔からの知り合い」「長く続いている」ですとある程度の信頼関係ができてしまっているのでお互いをどこか信頼している部分ができてしまっている為か関係していた期間が長い可能性が多いようです。不倫相手ではあるが大切な女性なので不倫している期間が長いとか単に遊びで不倫しているというのもあります。
いずれにせよ離婚しやすい特徴でもあるので注意が必要になってきます。?

離婚しやすい男性の特徴3・女性を見下した言動がある(「女のクセに」が口癖)

 

先ほどの異性関係が原因の離婚とは違い、女性を見下していても離婚する理由の一つでもあります。代表的な口癖ですと「女の癖に!」という口癖です。
こういったことを言う人はどこかで古い考えを持っている人にありがちです。そして自己中心的な性格も含まれています。女性の行動を理解しない、逆に自分を理解してもらえない苛立ちから女性を見下すことがあるかもしれません。
勿論、そんな考えですと女性だけではなく周囲から疎まれる存在になります。家庭でも奥さんにそういった行動をとってしまうと離婚の際に口癖を録画されていたり、ストレスから精神的に虐待を受けたなどの扱いを受けてしまいます。
このようなことが続きますといつかどこかで爆発すると思いますので注意が必要です。?

離婚しやすい男性の特徴4・ブランド物が好きで見栄っ張り

 

これは理由としては分かれてしまいます。
ブランド好きは金銭的な問題。
見栄っ張りは性格上の問題。
いわば金銭的な理由と性格上の理由のダブルパンチです。勿論離婚しやすい理由は他にもたくさんありますが今後結婚生活続けていく上で必要になる行動の二つが破綻してしまっていると言うことになります。
これはどう言うことかと言うとブランドは値段が高いです。なので購入でお金は減っていきます。お金は結婚だけではなく人や生活と縁が切れない物なので今後も使い続けることになります。それは生活する為のことに使うのが大半になってきます。ブランドを購入するのは単にプライベートでの購入になってしまうのでこれの回数を重ねていくと今後の結婚生活に支障が出てくるでしょう。
そこに見栄っ張りが入ってくるとややこしくなります。見栄っ張りは性格なのでよくわからない嘘も入り混じっていることがあります。「ちゃんとしなきゃ」と言う思いがあったのかもしれませんがそれが方向性が間違っていたと言えるでしょう。
こういったことの方向性がずれて次第に離婚に向かっていくのが多いでしょう。

離婚しやすい男性の特徴5・他人を信用できない(すぐに疑う)

 

よく擬人暗鬼になる人もいるでしょう。他人を信用しないし心を開かない。それが他人だけではく妻に対してでも出てくることがあります。「妻の帰る時間が遅い。もしかしたら浮気しているのではないか」「何か言えない隠し事があるのかもしれない」と不審に思ったりします。
そういった考えになるのは過去に女性との交際あまり良くなかったことが原因の一つではないだろうか。手厳しめにされたことがどこかトラウマになって人を信用できなくなったということもあります。
この他人を信用しないを家庭に持ち込んで続けてしまうと次第にその不満が爆発して離婚につながるケースになることがあります。完全に打ち消すことは難しいけど信用するのがまずは一歩だと思います。??

離婚しやすい男性の特徴6・感謝をすることができない(ありがとうが言えない)

 

「ありがとう」は人に対して感謝を表す言葉です。なので何か感謝されますと誰でも言えます。これに対しての否定的なことはありません。デメリットは存在しません。「ありがとう」を言われますと皆笑顔になります。嬉しいことなので。
しかしそれを言えない人もいます。その理由としては性格にあります。先ほどの他人を信用しない人もこちらに当てはまることが多いです。他にも「こんなことはやってもらって当たり前」ということもあって言わない、感謝しないということもあります。これは「ずっと一緒にいるんだからわかるよね」「細かい事にいちいち気にすんな」という気持ちがあるからです。
そうなりますと当然、不機嫌になります。口下手だからでは言い訳がつきません。当たり前だと思っていてもそれが突然なくなることがあります。
このように小さな不満の積み重ねでも離婚につながることがあります。

離婚しやすい男性の特徴7・自分は正しく他人は間違っていると思っている(ごめんなさいが言えない)

 

ごめんなさいもありがとうと同様になります。ただ、ありがとうと違うのは前者のありがとうが感謝なのに対し、後者のごめんなさいは謝罪であること。
「自分は悪くない」「謝ると悪事を認めてしまうから」とか思ってしまうからです。「もし謝ってしまうと何かしらの罰があるのかもしれない」という恐怖心も心のどこかにあるのかもしれません。それがごめんなさいが言えないということになります。
しかし、それに加えて「自分は悪いと思っていない」「自分は間違っていない」とよくわからない開き直りをする時もあります。これも悪事を認めてしまうからになります。そして見栄っ張りに含めれることがあります。
このようなことが続きますと愛想つかれることがありますので注意が必要になります。??

離婚しやすい男性の特徴8・自己肯定感が低い(多くの人に愛されたいと思っている)

 

これは自分で自分を下げている考えのことになります。所謂ネガティブ思考です。これが自分一人の問題となれば別の話題にになりますが結婚して、しかも家族ができてこの思考になってしまうと疎まれる可能性があります。
その考えの根っこの理由としては「誰かに愛されたい」「認めてもらいたい」が一心にあるからです。なので仕事とかで失敗すると「結局ダメなんだな」と諦めがついてしまいます。
これを家庭に持ち込み続けると当然ながら家族は苛立ちます。「慰めてほしい」と思いますがそうなってしまうともう疎まれてしまいます。
即決ではありませんがじわじわと離婚に進む可能性もあります。それは時間と共に愛想つかれるという意味も含まれています。気づいた頃には一人ぼっちになっているのかもしれません。

離婚しやすい男性の特徴9・仕事が続かない(家族を養う覚悟がない)

 

女性が結婚するのには男の「経済力」を求めています。経済力があって結婚しますと生活が豊かになります。勿論、経済力が低くても結婚することができます。その際は切り詰めで凌ぐことができます。
しかし仕事続かない時もあります。給料が低い、会社の上司にムカついている、リストラされたなど理由はあります。その中には続ける気がないというのもあります。いわば「家族を養う気がない」とのことです。これを繰り返していますとお金も減りますしこれ以上家庭を育むつもりはなくなります。最終的に「だったら自分一人で生きてください」と離婚に踏み切ることになります。
結局は自分勝手で離婚に至ることになります。結婚して家庭を作ることだけではなく仕事に対する忍耐もつけなければなりません。そうでなければ離婚になると思ってもいいでしょう。

離婚しやすい男性の特徴10・依存症(ギャンブル、アルコールなど)

 

こちらは病気に関わってきます。ギャンブル・アルコールが該当してきます。共に悪化しますと自分の体に支障をきたすのではなく家族に暴力を振るってしまうこともあります。更に子供も含め最悪な環境になります。
ギャンブル・アルコールはどちらも「好き」「趣味」の度を越しております。そして家族に悪い影響を及ぼしています。さらに暴力などの危害があった場合、すぐに離婚をちらつかせることになるでしょう。
これが逆に「二度とやらない」「治療したい」というのであれば家族や医師の協力が必要になってくるでしょう。依存症は自分一人で治療できませんので必ず助けが必要になります。
そうでなければ離婚は免れないでしょう。嘘をついたり、約束を破ったりしたらそうなるでしょう。

離婚しやすい男性の特徴11・浮気性、女好き

 

最も離婚しやすい特徴に挙げられるのが異性問題になります。異性問題にも種類がありますがやはり一番は不倫(浮気)でしょう。
しかしこういった判断はとても難しいです。どこまでが浮気に当たるのかが不明です。パッと見で不貞行為だと確認するには難しいでしょう。いつからなのか。相手は誰なのか。これらがすぐに頭に浮かびます。そして相手の行動を観察する必要があります。これにより時間がかかると思います。これがたまたま見てしまったものだったのかもしれませんし本当に仕事柄の可能性もありましょう。逆にそうでなければこれらを観察し続け浮気の確証を得ることになります。
こちらは男性だけではなく女性にも該当しますので普段の動きとかを観察しましょう。

不貞行為の証拠には何が必要?

 

まず自分で揃えるのであれば、小型カメラ、ICレコードなど動画や音声を録画できる機能があるものを用意しましょう。これらは証拠を抑えるのに重要なアイテムになります。勿論スマートフォンでも可能ですが予期せぬ時に充電切れや途中でバレてしまうとかもあり得ます。なので証拠を抑える為の設置は気づかれず慎重に行った方がよろしいでしょう。またスマートフォンのチェックも行った方がよろしいでしょう。プライバシー侵害の点では法的に問題があってあまりいい気はしませんが浮気を疑っているの証拠を集めているのであればチェックはしたほうがいいでしょう。通常は何もなければ見せてきます。そうでなければやましいと思った方がよろしでしょう。

浮気調査は自分でやるより探偵に依頼したほうが安心・安全

 

浮気を疑ってからはまず自分で証拠を揃えます。そこからはっきりさせる為に探偵に依頼する流れになることがあります。ちゃんと調査できるのか費用はどのくらいなのかとても気になるところではあります。
まずちゃんと調査しているのか。浮気調査はまず依頼者と打ち合わせをして情報を確認します。顔や体型などわかりやすい情報を伝えれば今後に役に立ちます。
そこから調査が始ります。基本的には尾行になり、2?3人のチームで尾行します。チームで動くことでターゲットを見失わずに尾行することができます。そこで証拠を押さえることができます。
その後報告書を作成して調査は終了になります。
費用に関してですが浮気調査というだけであって高めです。相場ですと30万円以上かかります。だからといって格安で浮気調査を頼みますと調査の質が悪いこともあってトラブルになることもありますので格安だけで依頼しないようにしましょう。
また安心・安全に調査を依頼するのであれば電話での相談をおすすめします。その際の対応によって重要になっていきます。

不貞行為は離婚事由の1つとなる

 

不貞行為は法的に離婚する理由として認められています。夫婦は配偶者以外と関係を持ってはいけないという貞操義務があります。これを反することが不貞行為に当たります。民法第770条第1項に「配偶者に不貞な行為があったとき」と規定されています。
また不貞行為の他にも
・配偶者が失踪して生死不明が3年以上続いているとき。
・配偶者から悪意の遺棄があったとき。
・配偶者が強度の精神病で回復が見込まれないとき。
・その他婚姻を継続することができない重大な事柄があるとき。
が離婚理由として定められています。これらは「離婚裁判」に該当するということなます。つまり相手が離婚を拒否していても離婚が認められます。
離婚裁判は話し合いで解決することができず、それでも離婚したい時の最終手段となっておりますのでその為の資料は必要になっていきます。

結婚前に離婚しやすい男性を見抜く方法について

 

結婚前に離婚しやすい男性を見抜く方法1・浮気性かどうかを見抜く

 

連絡がつかない曜日や時間帯はない?

 

交際している男性と連絡を取るために連絡がつかない曜日や時間帯はあります。相手が仕事をしている時間帯は難しいと言えます。大半の人は平日仕事をしているので平日が日中が難しいと考えられます。人によっては休日に仕事をする人もいるのでパートナーとなる男性の仕事をする時間と休みの日は把握して起きましょう。そこで教えたくないといった発言や連絡してくれたら返事はしっかりとするよ。と言った言葉が返ってきた場合は理由について聞いてみるのもいいです。というのも時間がある時は連絡を取り合ってくれるのか確認することができます。連絡を取り合える曜日や時間帯は必ずあるのでしっかりとコミュニケーションを取るようにして相手と関係を築くといいでしょう。

スマホを肌身離さず持っていない?

 

交際期間からスマホを肌身離さず持っている男性はなにかしらあると言えます。スマホは個人の情報がつまったアイテムだと言えるのでそれを離さないで常に持っているということは人に見られたくない情報があるからだと言えます。例えば浮気相手がいるといったことや知らない女性と連絡を取り合ってたりして内容が恋愛に関することなどがあげられます。そのためにも相手になんでスマホを離さないで持っているのかについて聞いてみるといいです。そこでの反応で浮気をしているかどうかも判断できると思うので聞いてみるといいです。どうしても言いたくない場合があると思いますがそういった時は少し距離をおこうと提案して見るといいです。距離をおかれることが嫌なら正直に話をしますし、距離をおいていいと判断したらこちらち対して本気ではないというのがわかるからです。

複数の女友達と連絡をとっていない?

 

複数の女性と連絡を取っている場合があるかと思いますがその時は相手を疑ってもいいです。結婚前に複数の女性と連絡取り合っているということは少なくとも仲がいいということになりますので結婚してからも連絡を取り合うということが考えられます。結婚してからの夫婦生活は長いのでその連絡を取り合う女性たちと結婚したからと言って縁を切ることは考えられません。むしろ連絡を取り合う中で恋愛へと発展してしまう可能性もないとは言えません。そういった問題になると大変なのでしっかりと結婚前に相手の女性関係について確認して見るのも一つです。その確認で夫婦の生活も変わってくると思いますし結婚前知ることで結婚するかの判断にもなってきます。

結婚前に離婚しやすい男性を見抜く方法2・経済的な問題を見抜く

 

ギャンブルにはまってない?

 

ギャンブルにはまってないかどうかは結婚する前に必ず確認しないといかないこうもくの一つだと言えます。ギャンブルにはまってる男性と言うのはギャンブルから抜け出せないけいこうがありお願いしてやらないという話になってもこっそりとやっていたり日にちがたったあとで再びギャンブルに走る傾向があります。そこは結婚前にしっかりと確認する必要があります。もし結婚したあとにギャンブルしていることが発覚してしまったらお金使いが荒いということで生活に影響してしまいます。生活をする上でお金は大切になるのでそのお金をギャンブルにあてられたら生活に苦労してしまいます。結婚前に必ず相手がギャンブルをやるのかやらないのかは確認しましょう。

欲しいものは借金をしてでも買うタイプ?

 

欲しい物は借金してでも購入してしまうかどうかは結婚前に確認できる内容と言えるのでしっかりと確認しましょう。まず借金をしてしまう時点でお金についてだらしないと判断できます。もし本当に欲しいものがあったなら借金をしないでお金を貯めてから購入するのが普通だと言えます。貯めたお金で必要な物か必要でないものかではなく自分の力で物を買える人だと言えます。少しの金額でも借金するということは借金することが当たり前の感覚に陥っているとも捉えることができるので借金をしている相手なら結婚については慎重になることをおすすめします。結婚してから判断してしまうとておくれになってしまいますので感情だけで動かないようにしましょう。

結婚前に離婚しやすい男性を見抜く方法3・DVやモラハラ気質を見抜く

 

自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる?

 

自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる男性というのも注意が必要になるかと思います。というのも思い通りに事が進まなかったら他のやり方で進めていけばいいと思います。ですがどうしてもそのやり方でやらないと気がすまないようなタイプは時間がたてば当たられる可能性も十分にあり得ると言えます。最初は一人でイライラしているかと思いますがだんだんとエスカレートしていき気持ちが落ち着かずに当たってくる事が考えられます。一度当たってきたら容赦なく当たってくると言えるので危ないです。結婚する前に何ヵ月間か同棲生活を設けて相手がどのような性格なのか。どういった生活スタイルをしているのか判断してみるのも一つです。同姓してわからないこともわかってきますしどういった男性かも知ることができます。

女性を見下した発言をすることはない?

 

女性を見下す発言をするような男性と一緒にいることは精神的に疲れてきます。結婚前なら毎日のように顔を合わせることがないのでそこまで苦痛に感じることはないですが結婚してしまうと毎日のように言われ続けて精神的にやられてしまいます。しかも見下された発言を受けて反論したとしても喧嘩になってしまい余計に疲れてしまいます。一度喧嘩に繋がってしまうと喧嘩が当たり前となったしまい夫婦関係が悪くなってしまいます。そうなってしまうとお互いの信頼関係が崩れてしまい離婚となってしまいますので結婚前に男性は見下して物事をいう人なのか。それとも同じ目線になって話をしてくれる人なのかどうかを自分なりに見つけ出すといいと思います。そこで苦労するかしないかにもなります。

彼自身が親からDVを受けた経験はない?

 

相手の家庭がDVを受けたどうかは一度彼に聞いてみましょう。というのもDVをうけて育ってきてしまったならその男性はDVを受けることが当たり前だと感じてしまうことが考えられます。そういう考えだと交際期間や結婚したあとにDVをしてくる可能性があります。しかも一度手を出してしまうと少しずつエスカレートしていってしまい段々と激しくなってくると言えます。DVというのは夫婦生活の中であってはならないことですし、もし手を出されてしまったら体に傷がつくと同時に心にも大きな傷がつくと言えます。なので相手の家庭についても確認する必要がありますしその相手が怒った時に手を出さない人なのかも知ることが大事になります。

結婚前に離婚しやすい男性を見抜く方法4・仕事での問題を見抜く

 

不規則、残業が多いなどで一緒に過ごす時間が少なくない?

 

休みが合わないや残業が多く一緒に過ごす時間が少ないというのは離婚するかしないかの判断にはならないと思います。逆に忙しい中休みが合う日に一緒に過ごす時間を設けてくれてなおかつ二人の時間を大切にしてくれるかどうかだと思います。日頃忙しい中で休みが合う日は共に過ごしてくれることは嬉しいと言えます。ですが日頃忙しいからと言って休みの日は休ませて欲しいという人は自分を優先していると言えます。そうなってくると本当に一緒の時間がないですしお互いの心も離れていってしまいます。しっかりと仕事は仕事でプライベートは妻との時間を大切にしてくれるかような相手なのかも見極めることが大事になります。やはり夫婦の関係をよくするには二人の時間をいかに大切にするかです。

何度も転職を繰り返していない?

 

何回も転職を繰り返している人は悪いことや離婚する方向へ向かわないと思います。ですが転職を繰り返す人というのは仕事が安定しなく不安な気持ちにさせることだと言えます。転職を繰り返しつつ仕事がしっかりとある中で結婚生活を送ったとしても収入はあるので問題がないかと思いますが、転職が多いと住宅を購入することができなくなってしまうことや車を購入したくてもできなくなってしまいます。しかも結婚してからも転職を繰り返すような人だとこちら側としても落ち着かないと言えます。収入があれば離婚へ繋がることは考えにくいかと思いますが、仕事は一つのとこで頑張ってもらい安定した収入を得ることで生活の方も安定する方向へ話し合うのが一番だと言えます。過去の転職回数というよりは今後をどうするか考えていくことが重要となると言えます。

結婚前に離婚しやすい男性を見抜く方法5・家事や育児に対する問題を見抜く

 

彼の両親の関係はどう?お母さんが家事を全てやっていない?

 

結婚前に彼の両親の関係についてもみておく必要があります。結婚してしまうと彼の両親との付き合いは無くてはならないものとなるのでその両親が仲がいいのか悪いのか。そして何かに対して口を出してくるのか来ないかについても知る必要があると言えます。どういった人かによっても彼の実家へ足を運んだ際に影響があるかないかということになってきます。また彼の母親が家事をやらないようであれば、お邪魔をした際に気を使って家のことを手伝わなくてはならなくなってしまいます。そうなると自分の家と相手の親の家のことをやらないといけなくなってしまうので気が休まりません。もし相手の親の家で家事をした場合彼が手伝ってくれるかくれないかも大きく変わってくるとことだと言えます。そこで彼が家事をやるかやらないかもわかってきます。

家事や育児は女性の仕事だと思っているような発言はない?

 

家事育児は女性がやる仕事だという発言をする相手は考えた方がいいと判断してもいいです。家事育児は簡単なものではありません。家事をすることも毎日のことで辛いと言えます。特に育児となると常に子供と一緒にいないといけなく大きなストレスになってしまいます。相手が休みの日に面倒をみてくれるだけでも気持ち的に休まりますしまた頑張ろうという気持ちになります。それを全くしてくれないとなると夫婦の関係も悪くなってきますし最悪の場合は子供がいて離婚となってしまったら子供が可哀想になります。
子供のために離婚しないことが最適だと言えるので、家事や育児については結婚前にも話ができるし、結婚したあとにも二人で話し合いができるかと思うので相手がどういう風に思っているのか話し合いの場で確認してみましょう。そこで協力をするような人であれば安心して結婚生活を送れますが、協力しないという発言をしたら彼について考える時間を作るべきだと言えます。

離婚しやすい人の特徴【男性】/離婚しやすい男性の性格・共通点・心理まとめ

 

離婚しやすい男性の特徴としては女性を大事にしないで自分本意で行動をする人が離婚しやすいと言えます。結婚してからは夫婦で協力しあって生活をしていくのでそれができないことや、お金に関しても自分のためにお金を使うことや借金してまで自分のことに費やす人は結婚生活が向いてないと言えます。
そして仕事も大変だというのはわかりますが家事など少しでも奥さんの助けをすることで信頼関係を得ることになると言えます。その信頼関係が崩れてきた時に離婚へ向かってしまうと思うのでしっかりと奥さんに対して思いやりの気持ちを持つことも大切になってきます。また結婚したことで自分自身が何も変わらずにいて妻だけ変化があるとした場合、今まであってた価値観に関してもズレが生じてきてしまいます。そうなってしまうと価値観の違いといって離婚になってしまうので男性はけっこんしたら自分自身について見つめ直す時間が必要だと言えます。
※このページの内容を簡潔に300文字以上でまとめます

もっとみる

  • 弁護士法人 川原法律事務所
  • まこと法律事務所 池田咲子弁護士
  • まこと法律事務所 髙橋 真子弁護士
  • 岡野法律事務所 岡野 浩巳弁護士
  • 岡野法律事務所 大星 勝紀弁護士
  • 警ゆう支援合同会
  • 行政書士 オフィス大石
  • ファイナンシャル プランナー Woman PLUS
メール

お問合せ

24時間・年中無休

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

LINE

LINEで無料相談

Access

24時間無料で探偵に相談できます