情報コラム

浮気調査

2022/04/19

旦那の急な飲み会が浮気だったパターンを紹介!見破る方法・離婚事例も解説

旦那を疑う奥さん

飲み会を言い訳に旦那が浮気をしているケースとして、最もよく見られるのが「急な飲み会が当日に入り、さらにその頻度が増えているというパターンです。

もし旦那さんが上記にあてはまるならば、浮気を言い訳に女性と密会している可能性が考えられるでしょう。

この記事では、旦那さんの浮気行為を野放しにしないために知ってほしい、以下の3つのポイントについて解説いたします。

1.「飲み会」といいつつ浮気している旦那に、見られがちなパターン
2.「飲み会」といいつつ浮気している旦那の、不貞行為を見抜く方法
3.旦那の浮気行為を見抜く際、やっては危険なNG行為

現在、旦那さんの浮気を疑ってモヤモヤしている女性の皆さんは、不安な気持ちを解消するためにも、ぜひ一読していただければと思います。

急な飲み会が多い旦那、浮気の疑わしいパターンとは?

居酒屋で飲んでいる男性

本当に急な飲み会なのか、それとも飲み会を口実とした浮気なのか……?

「飲み会」の中でも、浮気をしている男性にはいくつかのパターンが存在します。急な飲み会と称して女性と会っている旦那さんに見られがちな兆候について見ていきましょう。

1.当日の朝や夕方など、直前に「飲み会」を報告してくる

朝の出かける間際や夕方など当日に飲み会を報告してくるパターンは、浮気をしている男性に見られがちな兆候です。

理由として、主に以下の2点があげられます。

  • 浮気の場合、女性と確実に会えるとわかるのが当日になる場合が多いため
  • 「奥さんに言いづらい」という深層心理が働き、できれば対面でなく文面で伝えたいと考えるため

仮に前もって「今度、飲み会がある」と伝えてしまった場合、急遽女性と会えなくなった際に、旦那さんは「なぜ飲み会が無くなったのか」の言い訳をその都度考えなければなりません。

そうなると言い訳を考える労力がかかる上、飲み会が中止になった嘘の理由をしばらく覚えておかなければならない(後日、奥さんに聞かれた際の対策に必要)ため、男性からすれば確実に会えることが決定した当日に報告するのが、最も都合がいいという訳です。

これがW不倫であれば、直前までどうなるかがさらに読みづらくなるため(子供の病気やお迎え・急な家族の用事が入る等)、より当日の昼頃や夕方など、ギリギリに飲み会を報告してくる傾向が見られます。

 

2.以前はなかった飲み会が増えた

不信そうにスマホを見る女性

2つ目の怪しい傾向は、以前はそれほど無かった仕事終わりの飲み会が頻度を増している場合です。

部署の移動や人員入れ替えがあったわけでもないのに、会社の飲み会が急増する可能性はまず考えづらいでしょう。

特定の女性と親密になれば徐々に会う頻度も多くなるため、飲み会の回数が不自然に多くなる傾向にあります。1週間に1度以上のペースで、かつ毎週のように飲み会が入るようになった場合は要注意です。

 

3.朝に「飲み会が入った」と報告されたのに、中止になる

3つ目の怪しい傾向は、出社時や昼頃に「今日、会社の同僚と飲んでくるわ」と報告があったにもかかわらず、飲まずに旦那が帰ってくるパターンです。

これは当日、女性と会う予定が決定してから奥さんに報告をしたものの、女性側が直前で都合が悪くなり会えなくなった可能性が高いです。もちろん、同僚が急な用事や残業で飲みに行けなくなったケースも考えられますが、何度か続く様であれば浮気を疑った方が良さそうです。

ただし中には「カモフラージュのため、ひとりで晩酌をして帰る」「あえて遅くまで残業をして帰る(飲みに行くはずだったが、自分の残業で行けなかったと言い訳をするため)」という男性もいるため、一筋縄で見抜くことは難しいかもしれません。

 

2週間前に「飲み会で遅くなる」と報告された場合、浮気ではないのか?

仮に旦那さんから「2週間後の金曜日に飲み会が入ったんだよね」と報告された場合、浮気の可能性はないのでしょうか?

回答としては「0ではないが、浮気の可能性はかなり低い」と言えるでしょう。

旅行のようにあらかじめ浮気相手と予定を決めておかなければならないケース以外、夜に数時間会う予定をあえて2週間も前から設定するのはリスクが高いためです(ただし関係の浅い、気のある女性と会う場合などは例外も考えられます)。

基本的に10日前や2週間前に伝えられた飲み会であれば、神経質に浮気を疑う必要はないでしょう。

 

旦那の急な飲み会は本当か?浮気を見抜く2つの方法

旦那の不貞行為を疑っている妻

「きっと浮気しているに違いない」と思っても、確信を持つためには「旦那が飲み会に行っていない」という決定的な証拠を集める必要があります。

少ないリスクで旦那さんの浮気を暴く、おすすめの確認方法をご紹介します。

1.パンツの汚れ方を確認する

本当に飲み会だったのかを見極める方法、1つ目は「飲み会後の旦那さんのパンツを確認する」です。

仮に女性と性行為をおこなった場合、行為後にしばらくパンツをはかなかった場合を除いて、高い確率でパンツに行為の痕跡(シミなど)が残っているはずです。

自然な方法としては、旦那が洗濯機に放り込んだ下着を、バレないタイミングで確認するのがおすすめ。旦那の入浴中などは脱衣所への入室を怪しまれるリスクがあるため、避けるのが無難です。

 

2.ICOCA(交通系カード)の履歴を確認する

2つ目におすすめするのが、旦那さんが通勤時に利用している交通系カードの履歴を調べる方法です(ただし電車やバス通勤の男性に限ります)。

意外と知られていませんが専用の無料アプリを使えば、カードをスマートフォンにかざすだけで、簡単に交通系カードの履歴を確認することができます。

スマートフォンにカードをかざして、ICOCAの履歴をチェックするシーン

詳しい使用方法に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

通常、会社の飲み会であれば、会社のある最寄り駅で開催されるか、移動したとしても2,3駅隣りでおこなうのが一般的でしょう。

会社から何駅も離れた場所へ移動していたり、普段ゆかりのない駅で下車している場合は、女性と会っている可能性が疑われます。

 

浮気調査でやるべきれない、2つのNG方法

浮気の証拠を突きつけて慰謝料や養育費の交渉から逃がさない

「旦那の飲み会が本当か」を確認する術の中には、実は旦那さんにバレやすいNGな方法がいくつかあります。

旦那さんに疑いがバレてしまうと、逆上されたり、警戒されて浮気の証拠が見つけづらくなったりというリスクも考えられます。

バレるリスクの高い、NGな浮気の確認方法」について見ていきましょう。

 

NGな確認方法1.財布やカバンの中身をチェックする

1つ目のNG行為は、旦那さんの財布やカバンをチェックして浮気の証拠を見つける方法です。

毎日、繰り返し使っている財布やカバンだからこそ、ちょっとした向きやカードの順番が違うことを、敏感に察知する男性は少なくありません。仮に旦那さんから「なんで勝手に財布を覗いたの?」と問われた場合、言い逃れが難しいため高確率で浮気を疑っている事実がバレてしまいます。

また仮に財布やカバンから「ラブホの会員証」や「ゴム」などが見つかっても、日付が特定できないため「ずっと以前に作ったものだから」と言い逃れされてしまうリスクもあります。

普段から奥さんが旦那さんのお財布を管理しており、触っても不自然でないケースを除いて、財布やカバンを調査するのは避けるのが無難でしょう。

 

NGな確認方法2.ボイスレコーダーやGPSの設置

2つ目のNG行為は、小型のボイスレコーダーやGPSを旦那さんの持ち物に設置するという方法です。

おすすめできない理由としては「見つかりやすい」「バレた際に言い訳ができない」「見つかる前に回収しなければならない」などの要素があげられます。

仮に自動車に設置する場合であればバレるリスクも軽減されますが、カバンなど私物への設置は見つかる可能性が高いためおすすめできません。

また安価なボイスレコーダーやGPSを使用すると、十分に音が拾えなかったり充電が持たなかったりという懸念も考えられます。

 

「旦那さんに捨てられたくない」「慰謝料を請求したい」の2パターンなら、プロへの浮気調査依頼がおすすめ

探偵事務所で男性と女性が対話する

仮に旦那さんの浮気が濃厚だと判明した場合、あなたは今後どのような選択肢を思い描きますか?

  • このまま浮気女性と関係を深めて、離婚を持ち出されてしまったらどうしよう
  • 浮気をするなんて信用できない。相手女性や旦那を痛い目にあわせたい

どちらかが頭をよぎった方は、プロの探偵に浮気調査を依頼するのが最善の選択かもしれません。

というのも離婚協議で使用できる「確実な浮気」の証拠を押さえることで

  1. 万一、旦那さんから離婚を切り出されても、離婚を拒否できる
  2. 離婚を希望する場合も、旦那への慰謝料や養育費の請求が有利に進められる
  3. 相手女性への慰謝料請求や、旦那と会わないよう説得する材料としても使える

など、奥さん側にとっての様々なメリットが生まれるためです。

また「すでに気持ちは冷めているものの、離婚に発展したり外で子供をつくられたりするのは都合が悪い」という女性にも、旦那さんを確実に相手女性と別れさせる手段としておすすめです。

「浮気調査の依頼料を払える自信がない」という方であっても、旦那さんや相手女性へ請求した慰謝料にてカバーすることもできます。

興味のある方は「浮気調査をご検討中の方へ」を、ぜひご一読ください。

 

「急な飲み会と称して浮気していた!」旦那の不貞行為を暴いた事例

旦那の浮気現場

「会社の飲み会を言い訳に浮気するケース」は、当社への調査依頼の中でも群を抜いて多く見られるパターンです。

コロナの時期はかなり落ち着いていたものの、2022年4月現在では「会社の飲み会」を言い訳に浮気をするケースが徐々に再燃しつつあります。

探偵事務所が実際に関わった、旦那さんの浮気エピソードを2つご紹介します。

 

1.飲み会で知り合った女性と不倫関係に!奥さんが真相を暴いた浮気事例

旦那さん:50代前半 会社経営者
相手女性:30代後半 キャバクラスタッフ

キャバクラで知り合った女性と不倫関係にあった、経営者男性の事例です。

男性は週2日、火曜と水曜に大阪の北新地や東通りへと飲みにいくのが恒例となっており、その際に熟女キャバクラで見つけた30代後半の女性と不貞行為を行っていました。

女性側も男性に入れ込んでいたため、頻繫に仕事を休んで男性と密会したり、旅行や出張先への同行なども応じていたようです。

「旦那の様子が怪しい」と思いながらも、ある程度は放任されていたという奥さん。不倫を強く疑った最初のきっかけは、旦那さんのポケットから、フェンディの女性物バッグを購入した明細が見つかったことだったそう。

その時は問い詰めずスルーしたそうですが、後日旦那さんへ電話をすると電話口に浮気相手の女性が出たそうです。奥さんが「あなたは誰ですか?」と聞くと、そのまま電話は切れてしまいました。

旦那の帰宅後、奥さんが電話の件を聞いてみると、きまりが悪かったのか旦那さんは2階へと逃亡。そして浮気相手に対し「おまえ勝手に電話でたやろ?百歩譲ってそれはええけど、報告はしろよ!」「もう信用できないから別れる」と伝え、不倫関係は破局したそうです。

「怪しいな?」と思っても言い逃れされるタイミングでは見送り、浮気の確証を掴んでから問い詰めたことで、うまく不倫関係を解消させた事例と言えるでしょう。奥さんが浮気に動揺せず、堂々と旦那さんに接したことが功を奏したのかもしれません。

 

2.あまりに多い飲み会に不信感!GPS調査の結果、女性との密会が発覚した事例

旦那さん:30代後半 会社員
相手女性:30代前半 会社員

2つ目は旦那さんのあまりに多すぎる飲み会に不信感を抱き、奥さんが浮気調査を実施された事例です。

毎週、月曜と木曜の晩に必ず会社の飲み会へ出かけるようになったという旦那さん。そのまま帰宅せず「終電がなくて泊まってきた」と朝帰りする日も少なくなかったそうです。

さすがに怪しいと思い奥さまがカードの購入履歴を調べたところ、会社とは全く違う場所のスーパーマーケットにて、度々生鮮食品を購入していることが発覚。旦那さんの車にGPSを設置したところ、月曜と木曜は必ず同じマンションへ通っていることがわかり、黒だと確信した時点で当社へとご依頼をいただきました。

調査をおこなったところ、浮気相手は会社の同僚女性であることが判明。スーパーで食材を購入し、女性宅で夕食を共にしていたようです。アパートへ二人が仲良く出入りする瞬間を撮影し、無事に調査は終了しました。

会食や付き合いの多い経営者なら別ですが、一般の既婚男性で毎週のように飲み会があるケースは、特にコロナ禍である昨今あまり考えづらいでしょう。今回のように週に2度以上の飲み会が頻発している男性(特に以前はそれほど飲み会が多くなかった場合)は、浮気をしている可能性が濃厚です。

 

まとめ

旦那を疑う奥さん

急な飲み会を装って、実は浮気をしている旦那さん」のケースに焦点をあてて、よくある浮気のパターンや見破る方法・実際のエピソードなどをご紹介しました。

最初は「遊び心」だった浮気も、回数を重ねるごとに熱や情が増していくケースは少なくありません。この記事を読んでいただき「うちも怪しいかも?」と感じられた場合は、本格的に浮気の証拠を集めるなど、早めに対処することをおすすめします。

また「旦那の浮気がつらい、でも確信や証拠が持てずにいる」という方も、ぜひ当社の無料相談までお問い合わせください。無料相談では過去数多くの浮気現場や離婚に立ち会ったプロが、親身に話を聞かせていただきます。

→ 大阪・神戸・京都の浮気調査なら「アーカス探偵事務所」へ」

もっとみる

  • 弁護士法人 川原法律事務所
  • まこと法律事務所 池田咲子弁護士
  • まこと法律事務所 髙橋 真子弁護士
  • 岡野法律事務所 岡野 浩巳弁護士
  • 岡野法律事務所 大星 勝紀弁護士
  • 警ゆう支援合同会
  • 行政書士 オフィス大石
  • ファイナンシャル プランナー Woman PLUS
メール

お問合せ

24時間・年中無休

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

LINE

LINEで無料相談

Access

24時間無料で探偵に相談できます