浮気調査事例

[ 大阪の浮気調査事例 ]

妻が元彼と不倫〜東京から地元大阪に頻繁に帰省するので怪しい〜

依頼者
40代ご主人
対象者
20代奥様
調査時間
40時間
調査料金
640,000円

頻繁に大阪に帰省する妻が元彼と不倫しているか確かめて別れさせたい

 

 

「年々態度が冷たくなってきた妻が、頻繁に地元の大阪に帰るようになり、元彼と不倫しているかもしれないので、調べてもらえませんか」

 

東京都にお住まいの40代のご主人から、大阪府箕面市出身の20代の奥様の浮気調査をご依頼いただきました。

妻の態度が冷たくなり月1回は泊まりで大阪に帰るようになって怪しい

 

ご主人と奥様は3年前に結婚されたそうです。馴れ初めはご主人が行きつけの飲食店のマスターの紹介で意気投合し、毎週一緒に飲んで親しくなり男女の仲に発展したとのことです。

 

 

結婚後、奥様はご主人に対してどんどん冷たくなり、次のような兆候が見られるようになりました。

 

  • ずっと携帯を触っている
  • 一緒に出かけようとしない
  • 子供は欲しくないと夜の営みを拒否

 

ご主人から見て奥様は、結婚生活を維持したいようには見えませんでしたが、ご主人としては離婚したくない気持ちがあったため話し合う機会を窺われていました。

 

そんなご主人の気持ちはよそに、奥様はことあるごとに地元である大阪に帰りたがるようになり、最近では月に1度は土日に泊まりで帰るようになったそうです。

 

ご主人は以前聞いた地元の元彼の存在を思い出し、「もしかしたら不倫しているのかもしれない」と疑い始め、実際にそうなら、別れてもらうために証拠を集めてもらおうと、探偵を探し始めたそうです。

奥様の不倫を確認しその後の対応で使える証拠が必要

 

今回ご主人は、まず第一に奥様の不倫を確認し、もしそうなら相手と別れるよう交渉したいとお考えしたが、奥様の出方を見て、最悪離婚になるかもしれないとも想定されていました。

 

その場合、必要な情報と証拠は次の4つになります。

 

  • 大阪での奥様の行動が不倫かどうか
  • 相手男性の素性
  • 不貞行為が伺われる宿泊の証拠
  • 2人の関係性がわかる証拠(手つなぎやキスの写真)

 

特に4つ目は、仮に元彼の家に滞在していたとしても「結婚生活について男友達として相談にのってもらっていた」などと言い逃れされる恐れがありますので、2人がただの友達ではなく男女の関係であることを立証するために必要な証拠となります。

奥様の帰阪時に東京から動向を追って確実に証拠を取ることを提案

 

近々、奥様が同窓会で大阪に帰られるとのことで、その日の午後から大阪で調査をしてほしいとご希望がありました。

 

ただ、同窓会の案内状などの郵便物はなく、LINEグループ上でのやりとりのみとのことで、本当に同窓会が開催されるのかも定かではないという状況でした。

 

同窓会の情報がない状況で、実家にも帰らなかったとすると、乗り継ぎの多い新大阪で奥様を待ち伏せても失敗する可能性があり、最悪京都で下車してしまい追えなくなることも想定できます。

 

確実に動向を追うために東京駅からの尾行をご提案しました。

 

土曜の朝10時から翌日の22時までの調査となりますので、次のプランでお見積もりさせていただきました。

 

低料金パック5日間(40時間)×15,000円(調査員3名)+車両代20,000円×2日分=64,000円(税抜)

 

ご主人は、当初、50万円程度のご予算で、奥様の動向を掴むことを第一に考えつつも、相手の出方によっては最悪離婚となるのではと想定されていました。

 

きちんと証拠さえ掴んでおけば、離婚の回避はもちろん、こちらから離婚したい時や慰謝料請求にも有利になりますし、相手に別れてもらうよう交渉する際も、強い手札になり、今後の対応の選択肢が広がります。

 

以上を踏まえ、ご予算をオーバーすることも了承いただいた上で、ご依頼いただくことになりました。

大阪の土地勘があり不倫調査を専門に扱うアーカスを選んだ

 

お客様にアーカス探偵事務所を選ばれた理由をお伺いしたところ、2つあげてくださりました。

 

  • 奥様の地元である大阪の土地勘がある
  • 本当に不倫調査を専門に扱っている

 

ご主人は、大阪での調査を考えていたので、土地勘のある大阪の探偵に依頼したいと考えられていました。

 

また、他社では「浮気調査専門・不倫調査専門」と謳っていても、話を聞くと実際はほかのこともやっている探偵社が多かったところ、アーカスでは本当に専門に扱っていることがわかったので信頼できたとのことです。

東京から尾行開始し大阪で1泊2日の不倫調査

 

調査にあたり、ご主人には奥様に「何時の新幹線に乗るの?」などと詮索せず、いつも通りに生活していただくようにお願いしました。

 

ただ、前日〜当日にかけて、奥様が身につけていくと思われるバッグや衣類の写真をこっそり撮って、目印にするために送っていただくようにお願いしました。

 

調査中に対象に動きがあった時は、リアルタイムで報告を入れされていただいています。

 

土曜日の調査〜東京駅から尾行開始〜

10:00 ご主人から奥様が出発したとのご連絡と、その日の服装の写真が送られてきました。

 

10:30 東京駅で奥様の姿を確認。尾行を開始しました。

 

=新幹線で移動=

 

12:00 新大阪に到着すると、奥様は実家のある箕面市方面とは逆の大阪駅方面の電車に乗車しました。

 

12:30 大阪駅で降りた奥様は駅前で男性と合流し駅ナカの喫茶店に入りました。

 

13:00 喫茶店から出た2人は、また箕面方面ではなく堺市方面行きの電車に乗りました。

 

14:00 2人は中百舌鳥駅で降り、歩いて近くのマンションに入って行きました。男性宅のようです。

 

18:00 マンションから出てきた2人は近くの居酒屋に入って行きました。

 

20:00 2人は居酒屋から手を繋いで出てきて、カラオケに行きました。

 

23:00 カラオケから出た2人はマンションに戻って行きました。

 

この日の調査で、まず、同窓会が嘘ということがわかりました。そして、奥様は元彼と思しき男性のマンションに出入りし、男女の関係を伺わせる手つなぎなどのスキンシップをとっており、最終的に翌朝まで出てきませんでした。

 

日曜日の調査〜テーマパークでのデート〜

 

9:00 マンションから出てきた2人は駅に向かい大阪市内行きの電車に乗りました。

 

10:30 着いたのは大阪市内の有名テーマパークで、2人が入場しましたので、調査員も後を追いました。

 

15:30 テーマパークを後にした二人は電車に乗り難波方面に向かいました。

 

17:00 難波に着いた二人はイタリアンのお店に入り食事をとりました。

 

19:00 食事を終えた二人は、駅に向かい男性の自宅方面の電車に乗りました。

 

19:30 中百舌鳥駅で降りると2人はマンションに向かい、入って行きました。

 

19:35 マンションからすぐに出てきた2人は来た道を引き返し、新大阪方面に向かう電車に乗りました。

 

21:00 奥様は男性と別れ、東京行きの新幹線に乗車しました。

 

=調査解除=

 

以上で調査は終了です。

 

マンションへの出入りや宿泊、手つなぎやテーマパークでのデートの様子などをしっかりと撮影し、有効な証拠資料を作成することができました。

 

今回の不倫調査にかかった料金詳細

■調査は見積もり通りに終了

 

低料金5日間(40時間パック)×15,000円(調査員3名)+20,000円(車両代)×2日分=640,000円

 

 

合計691,200円(税込)
テーマパークの入場料は別途頂戴しています。

奥様が同窓会と偽って地元大阪の元彼の家に行って遊んでいたことが判明

 

調査により、奥様の不貞が明らかになり、今後どう転んでも使える有効な証拠を掴むことができました。

 

今回のように奥様が地元に戻って、不倫をしている場合、なかなか確信を得られず、証拠を掴むのも難しいので、下手に問いただすと、うまく隠して離婚に持って行かれる可能性もあります。

 

怪しいと思われた時は、本人に悟られる前に、早めにプロに相談されることがおすすめです。遠方の場合はその土地に詳しい探偵が良いでしょう。

 

大阪で奥様が元彼と不倫しているかもしれない時はアーカス探偵事務所までご相談を!

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

LINE

LINEで無料相談

Access

24時間無料で探偵に相談できます