情報コラム

夫・旦那・男性の浮気

2017/07/06

旦那の浮気を証明する証拠の集め方

まずはじめにお伝えしておかなければならない事がございます。

浮気の証拠と一括りに言っても、「使える証拠と使えない証拠」が有ります。

使えるという意味をどのように捉えるのかによって結論が変わりますが、離婚をするために裁判で使える浮気の証拠を集めようと思われている場合の意味のある証拠は、不貞行為があったことを証明できる証拠のみであり、具体的には旦那様の精液の入った使用済みのコンドームしかありません。

例えばそれ以外の、「浮気相手と旦那様がホテルに入っている姿を撮った写真」は、確かにホテルに入っている状況を写している証拠にはなりますが、浮気を裏付ける事ができない証拠です。

そのため、このようは写真は”状況証拠”といい「確かに浮気をしているか分からないが確かにホテルに一緒に入った」ということを表す証拠でしかありません。

現実的には考えにくいことですが、「相談にのっていた」と言われたらそれまでで、不貞行為をしたという証拠は残念ですがありません。

ただ、まったく無意味かというとそうではありませんが、裁判や交渉で利用はできるが裏付ける事ができる証拠ではないというだけです。

ここでは、使える旦那様の浮気の証拠がどんなものなのかの知識を蓄えていただければ幸いです。

裁判や交渉で使える最も確実な浮気の証拠の集め方

自分で浮気の証拠を掴もうと思ってらっしゃる方は大勢おらせますが、実際のところこれがなかなか難しいのが現実です。

LINEでのやりとり、着信発信履歴、メールの履歴などを集めれたとしても、それが浮気を裏付ける証拠とはなりにくいのはおわかりいただけたかと思います。

しかし、浮気を立証できる確率の高い状況証拠というものがあり、その証拠を集めるしかありません。

結論をいうと、浮気調査を得意としている探偵に依頼をするのが最も確実な証拠の集め方です。

しかし、探偵によっては、腕を組んでラブホテルに入っていくところの写真1枚でも証拠とするところもあります。

ただ何度も言うように、あくまでも状況証拠なだけで、有効な証拠ではありません。

浮気を立証できる確率の高い証拠というのはどんなのものなのかをここからご説明したいと思います。

旦那様の浮気関係を立証できる確率の高い状況証拠

状況証拠がいろいろと揃っているから浮気を確実に立証できるのか?というとそれはまったくの別問題で、法律が関わってきます。どのように旦那様の浮気を立証できるのかが重要になります。立証できる確率の高い状況証拠は、下記のものです。

  • ホテル(ラブホテル)に一緒に入っていく写真
  • 食事を一緒にしている写真
  • お店に一緒に入るところを写した写真
  • 旦那様と浮気相手が同じ車に乗ったことが立証できる写真

旦那様の車がラブホテルに停まっているだけでは、誰が乗っているのか立証できないので、証拠になりません。またGPSも同じです。旦那様が車に乗るところの写真を撮り、あとはGPSで追いかけてラブホテルの位置で止まったことがわかるGPSの履歴があったとしても使える証拠にはなりません。途中で降りて友達に車を貸したと言われてしまえばそれまでになってしまいます。

  • 旦那様と浮気相手が同じ車から出てくるところを写した写真

これらの証拠がワンセットになっており、特別な関係性(友達関係などではない)である状況を表している証拠を集めて、浮気関係にあるだろうという状況証拠を集めるしかありません。

そのため、同じ車に乗り同じ車から出てくる、明らかに不貞行為をするためにホテルに一緒に入り、一緒に出てくる状況がわかる証拠がなければ、なかなか浮気関係を立証するのが難しいです。

またこれらの一連の流れの状況証拠だけでなく、何度もホテルに一緒に入るところを写した写真

不貞行為の証拠だと思っても不貞行為にあたらない証拠もある

風俗関係の女性とホテルに行ったとして、その際の不貞行為を証明できる証拠だとしても、相手は仕事ということで、不貞行為の証拠とみなされません。

また、キャバクラやクラブなどの飲み屋の枕営業も同じく不貞行為にあたらないとされています。

自分で旦那様の浮気証拠を集めるなら

浮気の証拠を自分で集めるのはリスクが伴います。疑われているのがバレてしまうと、証拠自体も削除され、集められるものも集められなくなりますので、慎重な対応が必要になります。

ここでは、割と集めやすいものをご紹介させていただきます。

スマホでの浮気の証拠の集め方

代表的なものは、LINE・メール・通話明細などがあります。

LINE

LINEの場合、怪しい日の帰ってきた時などに「今日はありがとう」と言うメッセージがポップアップで出てきて気づくこともあれば、LINEメッセージのやりとりを盗み見て気づくこともあるかと思います。

ただ、目視をしただけでは、証拠とは言えないので、やりとりの状況などがわかるものをご自身のスマホに写真で残しておくことが必要です。

またLINEにはトーク履歴をメールで送信するという機能もあり、何年何月何日の何時何分に誰が何を発したのかがテキスト上でわかるものを送信することができます。

メール

基本的な部分は、LINEと同じと言えますが、メールにはサーバー保持期間と言うものがあり、一定期間が経つと自動で削除される様になっているものもあります。しかし、パソコンのハードディスクに保存をする設定にしているのであれば、削除データの中に残っている可能性もあります。

通話明細

通話明細に関しては、携帯の名義と通話明細を取り寄せる方の名義が同じであれば簡単に取ることができます。ただ、奥様名義の携帯を旦那様が利用しているということ自体が少ないかと思いますので、なかなか現実的ではないかも知れません。

しかし、相手の連絡先などがわかっている場合、いつ電話したのかがわかれば、状況証拠として利用できる可能性があります。

家の中や車の中での浮気の証拠の集め方

家や車の中で集められる浮気の証拠の代表的なものは、レシート・ホテルの割引券(会員カード)、カード明細、ETCカード、ドライブレコーダーなどです。

レシート

車のゴミ箱、財布、ズボンのポケットから出てくることもありますが、買い物やお出かけの際のレシートから、明らかに家族や友人と行かないようなお店のレシート、浮気の状況証拠とも取れるようなレシートが出てくることがあります。

ホテルの割引券(会員カード)

ビジネスホテルや旅行などでホテルをよく利用される方はご存知の方も多いか思いますが、会員カードを持っていると、ポイントが付与されるようになり、割引などの特典を受けやすくなるので、浮気をされている方はこういった会員カードを持っていることもあります。

財布やカード入れの中に入っていることもあるので、旦那様がお風呂に入っている時などに確認してみてはいかがでしょうか?

クレジットカード明細(WEB・紙)

クレジットカードを利用されていると、WEB明細か紙明細のどちらか、もしくは両方を見ることができます。WEB明細に関してはログインするためのIDとパスワードが必要になってきますが、知っておられるのであれば、ログインをすることで利用履歴を見ることができます。

また紙の明細も、いつ、なんというお店(会社)でいくら使ったのかがわかるようになっています。

怪しい買い物や、金額があれば、浮気の状況証拠とすることも可能となります。

ETC

どこのインターチェンジで利用したのかがわかるので、どこに行ったのかが分かることになります。

ドライブレコーダー

機種にもよりますが、激しい動きなどを感知した時に作動すると思われているドライブレコーダーですが、実際は常に録画をしています。ただ、容量に限りがありますので、容量がいっぱいの場合は古い録画を消し、最新の録画に常に書き換えられます。

パソコンメール(スマホでも同じ)

パソコンのメールに覚えのない旅行の予約の確認などが入っていることがあります。また、ホテルも予約をパソコンでしている場合、予約確認メールなどにより、ベッドの数を見ることもできます。

ボイスレコーダー

リスクの高い方法ですが、浮気が疑わしい日に、車の中に電源を入れた状態で隠す。また、リビングに電源をいれた状態で放置をしておくことで、浮気の状況証拠を取れることがあります。

しかし、ボイスレコーダーがあること自体バレてしまうと、疑われていることを察し、浮気の証拠となるものをできる限り消すことが容易に想像できます。そのため、証拠をつかみにくくなる可能性が考えられます。

浮気の証拠を取りやすい時間帯・状況

自分で浮気の証拠を集めるとしても、どのような状況の時や時間帯を狙って行動するのがリスクが低いのかということを知りたい方も多いかと思います。しかし、生活スタイルによって一概には言えません。

ただ、一般的に、奥様が旦那様の浮気の証拠を掴みやすいとされている状況は2つです。

①お風呂に入っている時

お風呂に入っている時は、お互いに気配を感じやすい状況下にあるものの、スマホを見ている時にお風呂から出てくるような音が聞こえてきたらすぐに元あった場所に戻すことができるため、ある意味ではスマホの中を見るのに最適な状況とも言えます。

②寝ている時

少しの物音でも起きる方には向いていない方法ではありますが、一度寝るとなかなか起きない方に対してはスマホなどを覗くのに最適な状況です。

ただし、何かの拍子にでも目が覚めた時には、察知するのが難しいので、スマホを覗いていることがバレるリスクもあります。

旦那様のスマホの暗証番号を知る方法

スマホに暗証番号などのロックがされている場合、どれだけ怪しくてもそのロックを外せないことには中を覗くことができません。

しかし、聞くわけにもいかず、覗くことも難しいこともあるかと思います。

ただ子供がおられる家庭の場合、不思議と子供が知っている可能性もあるので、子供に聞いてみると教えてくれることもあるようです。

旦那様も奥様に聞かれると答えたくなくても、子供に聞かれると教える人も多いことが想像されます。

旦那様の浮気の証拠集めは探偵が安全

どうしてもご自身で浮気の証拠を掴もうとされても、疑っていること自体を旦那様に知られてしまうと、想像している以上に証拠集めが難しくなります。

「無警戒・おそらくまだ気づいていないだろう。」と思われている段階だからこそ、証拠集めは成功しやすいので、少しでも気づかれない方が理想的ではあります。

また、絶好のチャンスを伺っている間も、浮気しているんじゃないだろうかと疑い、悩み続けるのは非常に辛いです。

こういった辛さに耐え、ご自身で旦那様の浮気の証拠を掴めたとしても、なかなか状況証拠になりづらい証拠の場合、なんのためにしたのかがわからなくなり、更に辛くなることが予想されます。

だからこそ、浮気の証拠集めはプロの探偵に依頼されることを強く推奨いたします。

探偵に浮気調査を依頼すると、最低でも5つのメリットを得ることができます。

  • 闇雲に証拠集めをするよりは探偵が浮気調査をする方が気づかれ難い。
  • 疑い悩み続けるのは非常に辛いですが、解決が早いのでご自身で証拠集めをするより精神的な負担を軽減できる可能性がある
  • 使える状況証拠を集めることができる
  • 浮気調査の事例が豊富なので少し安心できる
  • 浮気の症状(初期・中期・末期)から状況判断(旦那がどこまで本気なのか)ができる

浮気調査をされる方の目的が、”やり直すこと”か”離婚をすること”のどちらにしても、しっかりとその目的に応じた証拠を集めることができるのがプロの探偵です。

パートナーの浮気を疑い続ける辛さを少しでも軽減をさせ、高確率で使える浮気の証拠を掴むことができる探偵に相談いただくことをお勧めいたします。

 

 

メール

お問合せ

24時間・年中無休

フリーダイヤル

0120-69-1525

電話

電話で無料相談

お電話にて浮気調査料金をお伝えするので安心です

フリーダイヤル

0120-69-1525

年中無休・24時間受付

メール

メールで無料相談

Access

アクセス